外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球のセ、パ両リーグは20日、今季の最優秀新人(新人王)を発表し、セは広島の野村祐輔投手、パはロッテの益田直也投手が選ばれた。ともに23歳で、平成生まれとして初の受賞となった。プロ野球担当記者らによる投票で、野村はセの有効投票総数261票のうち200票を獲得。益田はパの有効投票総数210票中、116票で、次点だったソフトバンクの武田翔太投手とは36票差だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信