外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国の朴元淳ソウル市長の長男(27)が仮病で兵役を逃れたとの疑惑をかけられ、22日、同市担当記者の代表の前で病院の検査を受け病気は事実だと証明、疑いを払拭した。疑惑を提起した国会議員は責任を取るとして辞意を表明した。韓国は男子の徴兵制を敷いているが、市民の間では有力者は地位を悪用して自分の子どもの兵役を免れさせているとの疑念が根強い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信