外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ソニーは2日、2012年3月期連結決算の業績予想を下方修正し、純損益が900億円の赤字になるとの見通しを発表した。赤字は4年連続となる。為替の円高傾向や価格下落による液晶テレビなどの不振が響き、従来予想の600億円の黒字から大幅に引き下げた。不振のテレビ事業については世界販売目標を09年の中期計画で示した4千万台から2千万台に半減。コスト削減で収益を改善し、13年度の黒字化を目指す。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信