ソフトバンクの宮内謙社長は6日、「2年縛り」や「4年縛り」と呼ばれるスマートフォンの契約手法を見直す方針を表明した。KDDI(au)とNTTドコモに続く方向転換で、大手3社が足並みをそろえる。見直しの具体策は先行2社と同様になる見通し。契約乗り換えが困難になっていると問題視した政府の指摘に従った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。