外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ソフトバンクグループは21日、有力な次期社長候補とされたニケシュ・アローラ副社長(48)が退任すると発表した。顧問としてグループにはとどまる。孫正義社長(58)とトップ交代時期を巡る意見の違いがあったと説明している。22日開催の株主総会で諮る取締役選任議案から外すことにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信