ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ソフトBがAロッドに関心

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は9日付で、大リーグのヤンキースの主砲で1月に左股関節の手術を受けてリハビリ中のアレックス・ロドリゲスに対し、プロ野球ソフトバンクが昨オフ、獲得に関心を示していたと伝えた。ソフトバンクは昨年11月に関係者を通じて獲得への興味を伝えたが、ヤンキースは同選手には手術が必要で、復帰に半年かかることなどを理由に交渉しなかったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。