外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン首相は22日、ソ連の原爆開発には、米国で原爆開発に携わったものの米の核兵器独占を嫌う科学者らによる意識的な情報提供があったとの見方を示した。モスクワ近郊で軍部隊を視察した際に述べたとタス通信が伝えた。首相は米ロの核戦力均衡が抑止力につながると強調。「米国に遅れてソ連が核兵器開発に成功した時、わが国はかなりの情報を対外情報機関を通じて入手した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信