外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 旧ソ連の核兵器開発を支えたカザフスタンが、1991年末のソ連崩壊で世界第4位の核保有国となった際、当時のリビアの最高指導者カダフィ大佐(故人)から「イスラムの核」として核兵器を共同保有する提案を受けていたことが4日までに分かった。カザフは同意せず核を放棄した。

共同通信