外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 福井県立恐竜博物館は7日、タイ東北部の白亜紀前期(1億数千万年前)の地層で見つかった恐竜の下顎骨の化石を調査した結果、草食恐竜イグアノドンの新種と判明したと発表。同博物館は「イグアノドンの進化の過程を知る上で重要。東南アジアにも多様な恐竜がいたことを示す貴重な発見だ」としている。化石は下顎の骨の一部で長さ約20センチ。現地の農民が06年に発見。同博物館とタイの研究所が共同で調べ、命名した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信