外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 タイ大洪水で、首都バンコクの医師らが、長期にわたり浸水が続く被災地で移動診療所を展開している。企業から寄付を募り、診察代や薬代は無料。正規の病院への交通手段の確保すら難しい被災者を支えている。バンコクの北隣パトゥムタニ県クローンルーワン地区一帯は今も70センチほど冠水したままだ。バンコクの医師ポンサックさんらは同地区避難所の小学校に診療所を開設、政府などによる継続的なケアの必要性を訴えている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信