世界の出来事

 【バンコク共同】タイで13日、仏教暦の正月を祝う「ソンクラーン」の休暇が始まった。「水掛け祭り」とも呼ばれるソンクラーンは人々が路上で水を掛け合い、タイで最もにぎわう伝統行事の一つだが、昨年10月に死去したプミポン前国王への服喪期間が続いているため、例年と比べ静かな正月となった。

共同通信

 世界の出来事