外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バンコク共同】タイのプミポン国王が昨年10月13日に死去して100日が経過し、民間の“服喪ムード”は薄まりつつある。首都バンコクの王宮ではワチラロンコン新国王らが参列して仏教儀式が行われたが、追悼番組主体だったテレビ放送は通常体制に戻った。

共同通信