外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタが、売掛金などの債務の支払いを全額保証するか、民事再生手続きの中でカットするかを、取引先企業の重要度によって区別して通知したことが27日分かった。タカタには760以上の一般債権者があり、28日から東京都や滋賀県、佐賀県で順次開く債権者説明会は、扱いの違いを巡って紛糾する可能性がある。

共同通信