外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 09年に流行した新型インフルエンザ(当時)で死亡した国内約200人の分析から、治療薬タミフル使用で容体が急変して死亡するリスクが高まったとする研究結果を、NPO法人「医薬ビジランスセンター」理事長の浜六郎医師らがまとめ、21日発表した。タミフルを処方された112人のうち、処方後12時間以内の呼吸困難が37人いた。一方、治療薬を処方されなかった25人で12時間以内の呼吸困難は1人だった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信