外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ドバイ共同】中東のホルムズ海峡で7月末、商船三井の大型原油タンカー「M・STAR」(16万292トン)が損傷した問題で、米運輸省の海事当局は、タンカーへの自爆攻撃を実行したと述べた国際テロ組織アルカイダ関連グループの犯行声明について「根拠がある」として、海運関係者らに向け注意を促す勧告を出した。ロイター通信が22日までに伝えた。勧告は19日付。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信