外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 羽田空港を離陸した日航機の左エンジンから炎が出たトラブルで、エンジン内にあるタービンの羽根200枚前後が損傷し、エンジンケースに小さな穴が開いていたことが6日、日航などへの取材で分かった。国土交通省は6日、事故につながりかねなかったとして重大インシデントと認定。運輸安全委員会の航空事故調査官3人が調査する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信