外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 北九州市の公園や路上に小型のダックスフント計27匹が捨てられていたことが26日、市動物愛護センターへの取材で分かった。同じ犬種が短期間にこれほど捨てられるのは珍しく、センターの担当者は「故意の可能性が高い」としている。センターによると、10月8日に小倉北区の公園と小倉南区の路上で計23匹、17日に門司区の公園で4匹が見つかった。年齢7~8歳で、人間なら40歳ぐらい。発見時に首輪もなかったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信