外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 前原国交相が凍結を表明した愛知県の設楽ダムの建設是非を争点とした同県設楽町長選が18日投開票され、無所属新人で建設推進派の元副町長横山光明氏(59)が、反対派の市民団体事務局長伊奈紘氏(64)ら無所属2新人を破り初当選した。投票率は83・08%。愛知県の神田知事やダム下流域の首長に加え、地元選出の民主党衆院議員も推進の意向を示しており、国の事業凍結への反発は勢いを増しそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信