外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】インドのメディアによると、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は8日、中国が領有権を主張するインド北東部アルナチャルプラデシュ州タワングを訪問した。ダライ・ラマ側は、宗教的な目的のための訪問で政治的意図はないとしているが、8月末~9月初めには台湾も訪れており、中印間で国境問題のある地域の訪問に中国政府は反発している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信