外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】中国が「分裂主義者」と非難し、他国に対し、会談すれば報復すると警告しているチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が外国首脳と会談した場合、その国の対中輸出が2年にわたり年平均8・1%減少していた。ドイツの大学が8日までに報告をまとめた。中国は、ダライ・ラマと会談した場合、首脳らとの会談をキャンセルするなど外交的報復措置を取るが、経済面での措置が判明したのは珍しい。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信