ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ダライ・ラマ外遊取りやめ

 【ニューデリー共同】インドに亡命中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(82)は12日までに、今月15~20日に予定されていたアフリカのボツワナ訪問を疲労のため取りやめたと明らかにした。ダライ・ラマ法王庁が発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。