外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューデリー共同】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(80)の法王事務所(インド北部ダラムサラ)は26日、ダライ・ラマが医師から「数週間の休息が必要」との診断を受けたため、10月に予定されていた米国訪問を中止したと発表した。

共同通信