外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来日中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は5日、横浜市で一部メディアと会見、日本政府による尖閣諸島の国有化を機に中国で高まった反日活動について「懸念している」と述べ、日中双方の指導者らに冷静な対応を求めた。14世は反日デモには「正しい情報が欠けており、中国社会に日本が悪いとの思い込みがある」と指摘。近く発足する習近平指導部に対し、情報公開や法治の徹底などの民主化に踏み切るよう促した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信