外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】ウクライナ非常事態省は21日、1986年に原子力発電史上最悪の事故を起こしたチェルノブイリ原発の周辺地域で、来年1月から観光ツアーを認めると発表した。立ち入りが規制されてきた周辺地域は放射能汚染の問題があるが、非常事態省は必要な調査を実施した上で観光ルートを設定したとし、観光客の健康に影響はないと強調している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信