外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【モスクワ共同】タス通信によると、エリツィン大統領時代にロシアの首相を務めたビクトル・チェルノムイルジン氏が3日、死去した。72歳。関係者によると、チェルノムイルジン氏はモスクワ市内の病院で死去したという。詳細な死因は不明。国営天然ガス独占企業「ガスプロム」社長などを経て、エリツィン大統領時代の92年に首相に就任し、98年の解任まで務めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信