外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国青海省黄南チベット族自治州同仁県で9日、チベット族の学生や僧侶ら1万人以上が、抑圧的な少数民族政策の見直しなどを中国当局に求める抗議デモを行った。米政府系放送局ラジオ自由アジアが10日までに伝えた。ラジオ自由アジアによると、同県では7日に23歳のチベット族の女性が、8日には18歳の男性がチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の帰還などを求めて焼身自殺した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信