外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】がんが再発し、キューバであらためて手術を受けた南米ベネズエラの反米左翼、チャベス大統領(58)について、同国のビジェガス情報相は3日、「依然として深刻な肺感染症に苦しんでいる」と述べ、容体が改善していないことを明らかにした。呼吸困難な状況という。ロイター通信が伝えた。ベネズエラ政府の発表によると、チャベス氏には意識があるという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信