外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】新たな腫瘍が見つかり摘出手術を受けた南米ベネズエラの反米左翼チャベス大統領(57)は4日、テレビ放送された一部閣僚との会合で、腫瘍ががんだったことを認め、今後放射線治療を受けるとした上で「急速に回復している」と述べた。チャベス氏が手術後テレビ出演したのは初めて。また、チャベス氏は「シリア国民とアサド大統領に連帯の意を送る」と述べ、アサド政権支持を強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信