外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】チュニジア最大のイスラム過激派アンサール・シャリアのセイフアラー・ベンハシン(通称アブイヤド・トゥニシ)指導者が6月中旬、米軍によるリビア空爆で死亡したことが分かった。3日付の米紙ニューヨーク・タイムズが、米政府高官の話として伝えた。

共同通信