外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】チリの鉱山落盤事故で救出された作業員33人のうちの1人、エディソン・ペニャさん(34)が7日、ニューヨークシティー・マラソンに参加し、AP通信によると約6時間かけて完走した。スタート前「人間は走ることで自由になれる」と話していたペニャさんだが、初のフルマラソンを走りきり、自ら実践した。地上に引き上げられた際にかけていた黒いサングラス姿で出走した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信