外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】チリ北部コピアポ郊外の鉱山落盤事故で、閉じ込められた作業員の家族の一部から、ピニェラ大統領が人気取りのために救出作業を政治利用しているとの批判が上がり、政府が打ち消しに躍起になっている。19日にピニェラ大統領が5回目の現地視察を行ったことがきっかけ。チリからの報道では、ある作業員の親族は、同日着工した3本目のトンネル建設について、大統領の視察に合わせて着工を遅らせたと批判。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信