外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ北部コピアポ郊外での鉱山落盤事故で、マニャリク保健相は15日、救出された作業員33人のうち1人がストレス性の不眠を訴えていることを明らかにした。長期間の地下での暮らしでから日常生活へ戻る過程で、急激な環境の変化に対応できないことが原因とみられる。同じような症状がほかの作業員にも広がる恐れもあり、国営テレビは「今後数週間がヤマ」とする専門家の発言を紹介。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信