外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ北部コピアポ郊外の鉱山落盤事故で救出された作業員33人が、地下生活をつづった本の出版を計画していることが分かった。16日付のチリ紙メルクリオが、作業員アリエル・ティコナさん(29)の話として伝えた。同紙はこれが、事故発生の8月5日から全員の無事が確認された同22日までの17日間について作業員が記者らに多くを語りたがらない理由だとしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信