外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリのサンホセ鉱山落盤事故で、同国検察当局は20日、作業員33人が地下に閉じ込められた8月5日の事故発生当時の状況について、現場監督のルイス・ウルスアさん(54)から参考人として聴取した。鉱山会社側の刑事責任追及に向け捜査を進める検査当局が、作業員から事情聴取したのは初めて。ウルスアさんは作業員のリーダー役として知られ、救出の際にも最後に地上に引き上げられた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信