外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロサンゼルス共同】チリ北部コピアポ郊外の鉱山落盤事故で、メルクリオ紙は21日、大統領府筋の話として、閉じ込められた作業員らの救出作業が10月前半に行われる可能性が高いと伝えた。トンネルの掘削が順調に進んでいるほか、ピニェラ大統領の外遊日程もにらんで作業が急ピッチで進められているもようだ。ただゴルボルネ鉱業相は同日、あらためて救出は11月初旬との見通しを示している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信