外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ北部コピアポ郊外の鉱山落盤事故で、救出された33人の作業員が搬送され、静養していたコピアポ市内の病院の関係者は15日、作業員28人が同日退院したことを明らかにした。別の1人も16日に退院。14日に退院した3人と合わせ、これで計32人が自宅に戻った。関係者は、作業員らの健康状態に大きな問題はないとしており、それぞれ社会復帰に向けて第一歩を踏み出す。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信