外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】南米チリで鉱山の落盤事故のため約70日間地下に閉じ込められた作業員33人が救出されてから約2年となる12日、首都サンティアゴの大統領府で記念式典が行われたが、参加したのは33人のうち3人だけだった。「奇跡の生還」まで2カ月以上、世界が固唾をのんで見守った事故も人々の記憶から急速に薄れ始めているようだ。作業員らへの一時の英雄扱いは沈静化、仕事を理由に式典を欠席した人もいた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信