外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ北部コピアポ郊外の鉱山落盤事故で、マニャリク保健相は8日、救出用トンネルが同日午後(日本時間9日午前)にも地下に到達、12日に作業員救出が可能になるとの見方を示した。これにより、8月上旬に発生した同事故の救出作業完了は秒読み段階に入った。地下約700メートルの地中に閉じ込められた作業員33人と家族らの再会へ大詰めを迎えている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信