外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】チリ北部コピアポ郊外での鉱山落盤事故で、地下約700メートルにいる作業員33人を救出するトンネルの掘削作業が順調に進み、既存の小トンネルを直径約30センチに拡張する第1段階工事が15日、全長約600メートルのうち半分を超える深さ約370メートルに達した。早ければ今週末にも第1段階が終了し、政府当局者は11月初めには救出準備が整うと語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信