外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】チリの鉱山落盤事故で、作業員33人の全員生存が確認されるまでの17日間、複数の作業員が栄養失調による体力の衰えから錯乱状態に陥り、自殺を防ぐため2、3人で監視していたことが分かった。有力紙メルクリオが救出から1カ月の13日、作業員の証言として報じた。「奇跡の生還」の陰で壮絶な人間模様があったことがうかがえる。証言したのはジョニ・バリオスさん(50)。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信