外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【コピアポ共同】チリ北部コピアポ近郊の鉱山で起きた落盤事故で、地下約700メートルの避難所に退避中の作業員33人全員の引き上げに向けて、早ければ28日にも救出用の大型トンネルの掘削作業が始まる見通しとなった。チリ当局などが明らかにした。現場の深さや作業員の数などから大規模な救出活動となる。地元メディアによると、活動に伴う費用は約1千万ドル(約8億5千万円)。救出活動がようやく本格化する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信