外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 インターネットを使った選挙運動が解禁される参院選の公示を前に、与野党党首の成り済ましとみられるツイッターが少なくとも29件あることが、3日までの共同通信の集計で分かった。安倍晋三首相(自民党総裁)が10件と最も多かった。運営会社の日本法人ツイッタージャパン(東京)は著名人の成り済ましを防ぐため、本人のツイッターに青色の認証マークを付けている。「本人かどうかしっかり確認してほしい」と注意を呼び掛けている。

共同通信