外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 国内最大のツル越冬地、鹿児島県・出水平野でナベヅルの高病原性鳥インフルエンザ感染が判明した問題で、環境省は22日、ウイルスが強毒性と分かったと明らかにした。21日に遺伝子型がH5N1と確認され、毒性の分析を進めていた。鹿児島県は22日午後も、半径10キロ圏の監視区域にある養鶏場の立ち入り検査を続行。鶏に異常が出ていないか聞き取りをし、消石灰の散布など防疫徹底を呼び掛けた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信