外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高知県教育委員会が1月に全公立中の2年生を対象に実施した独自の学力テストで、1校の中学の数学教諭が問題用紙を直前の授業に持ち込み、テストとほぼ同じ問題を教えていたことが13日、県教委への取材で分かった。県教委は「県全体の調査結果に影響を及ぼす。許されざる行為」として2月4日付で教諭と監督責任のある校長を厳重注意したが、停職などの懲戒処分でないことを理由に公表していなかった。

共同通信