外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ロンドン共同】男子テニスの年間成績上位8人による今季最終戦、ATPツアー・ファイナル最終日は16日、ロンドンでシングルス決勝が行われる予定だったが、最多6度の優勝を誇る世界ランキング2位のロジャー・フェデラー(スイス)が腰のけがを理由に棄権し、世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が3年連続4度目の優勝を決めた。3連覇はイワン・レンドル(当時チェコスロバキア)以来、27年ぶり。無敗で優勝したジョコビッチは賞金207万5千ドル(約2億4千万円)を獲得した。

共同通信