外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【パリ共同】テニスの全仏オープン第11日は1日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準々決勝で前回覇者の第3シード、スタン・バブリンカ(スイス)がアルベルト・ラモス(スペイン)に6―2、6―1、7―6で勝ち、準決勝に進んだ。第2シードのアンディ・マリー(英国)は第9シードのリシャール・ガスケ(フランス)を破り、ベスト4に進出した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信