外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米国から「ノーリッチ・テリア」として輸入された犬3匹の血統登録手続きに問題があったとして、血統証明書を発行する「ジャパンケネルクラブ」(JKC、東京)が、子孫の犬と合わせ計233匹の登録を取り消していたことが20日、JKCへの取材で分かった。犬種は「不明」扱いで、過去のドッグショーの成績も無効になる。もともとハンガリーから米国に輸入した際の証明書が虚偽だったことが判明、登録を取り消した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信