外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】ケニアとタンザニアの米大使館が1998年、同時爆破されたテロ事件で起訴されたタンザニア人、アフメド・ガイラニ被告の公判が17日、ニューヨーク連邦地裁で開かれ、陪審は殺人や同共謀罪など大半の起訴内容について無罪評決を下した。AP通信などが伝えた。陪審は、被告が共謀して米政府の建物などの破壊を企てた罪1件については有罪としたが、検察側は同罪で終身刑を求刑する意向を表明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信