外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタンの独立系シンクタンク「パキスタン平和研究所」は4日、同国内で2011年に起きたイスラム武装勢力のテロや戦闘などによる死者は7107人で、2年続けて減少したとの調査報告書をまとめた。研究所は減少の理由について、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動」(TTP)の分裂化が進んでいることや、政府がTTPと和平交渉のための対話を始めていることなどを挙げている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信