外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日銀は28日の金融政策決定会合で、2%の物価上昇目標の達成時期を「2017年度中」に後退させた。デフレ脱却が一段と遠のいたにもかかわらず追加金融緩和は見送ったことで、失望した金融市場では円高株安が加速した。黒田東彦総裁は「成長率や賃金改定が想定より下振れたのが理由だ」と説明。原油安ではなく、景気停滞が原因と初めて明言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信